用語解説

【重要】よく聞く単語「SEOとは」【解説します】

ホームページを有効に活用するためにはSEOがとても重要です。

でも、この『SEO』という単語、聞いたことはあるけどよく意味が分からないという方も多いんじゃないでしょうか

SEO(エス・イー・オーと読みます)とは、“Search Engine Optimization” の略です。「検索エンジン最適化」と訳されるのですが、これだけだと意味が分かりませんよね

今回はSEOの意味と重要性、そして自社のホームページとの関連性について解説します。

SEOとはgoogleの検索結果対策です

ざっくり説明すると、googleで検索したときに自社のホームページができるだけ上に表示されるようにする施策のことです。

たとえば、googleで「パソコン おすすめ」と検索するとズラっと関連する記事が表示されますよね。そして、基本的には上にあるサイトから順に見ていくと思います。

つまり、ホームページを見てもらうには検索結果で上の方に表示されると有利ということになります。

この「検索結果で上の方に表示される」ために運営しているホームページを修正していくことをSEOと呼びます。

googleは世界中のホームページを登録している

では、googleはどうやってその検索結果の順番を決めているのでしょうか。

ホームページの公開から検索結果への反映は以下の3つのステップで行われます。

①googleに自社サイトを発見してもらう

②googleが自社サイトをデータベースに登録する

③検索内容に応じて、アルゴリズムに基づいた順番にサイトを表示する

googleは検索したユーザーが満足するように、アルゴリズム(独自の手順)を設定しています。

ホームページを運営する側としては、このgoogleのアルゴリズムに合致するようなサイトを作ればいいということになりますね。

アルゴリズムは非公開かつアップデートされる

ですが、実はこのアルゴリズムは公開されていません。

公開してしまうと対策も簡単になります。もし詐欺サイトや情報の質が悪いサイトが検索上位を占めてしまうとユーザーに大きな悪影響がありますよね。

また、googleは定期的にアルゴリズムにアップデートをかけています。

日々大量のサイトが追加・更新されていますから、google側もそれらが正しく検索結果に反映されるように日々改善しています。

それによってユーザーの満足度をより高めようとしているんですね。

SEOは売上・集客に影響大です

自社のホームページが検索上位にくることは、売上・集客に大きく影響します。

なぜなら、ホームページを閲覧してもらえる最大の理由は「ググって出てきたから」だからです。

キーワード検索からの訪問が大多数

検索には「指名検索」と「情報検索」があります。

  • 指名検索:サービス名や会社名を直接検索する
  • 情報検索:目的の情報のたどり着けそうなキーワードで検索すること

たとえば、車を買おうとしている場合です。

  • 指名検索:「トヨタ ハリアー」
  • 情報検索:「SUV おすすめ」

会社名や商品名が広く認知されていることはあまりないですよね。

これからホームページを活用したい中小企業のみなさまにとっては、情報検索で見つけてもらうことが重要となります。

見られない=存在しない

普段みなさんが検索するときのことを思い出してみてください。上から順に見ていって、どれくらい下のサイトまでチェックしますか?

どんなに多くても3ページくらいじゃないでしょうか。それまでに満足するサイトに出会うか、もしくは別なキーワードで検索し直すはずです。

一生懸命作ったホームページも検索上位に表示されなければ見てもらえません。

そもそも見てもらえなければ、その後の購入や問い合わせも当然ありません。

SEO対策はビジネスの結果に大きく関わってきます。

SEOの現状と対策

「だったら急いでSEO対策をしよう!」と思いたくなりますが、現状では意図的に検索順位をあげることは非常に難しくなっています

条件は定期的に変わります

前途したようにgoogleは定期的にアルゴリズムをアップデートしています。

毎回この影響はかなり大きく、大幅に検索順位に影響を与えることも少なくありません。

それまで検索上位にいて稼いでいたブロガーが、アップデートで順位が大きく下がり収入も激減したりします。

そもそもアルゴリズムが非公開ですから対策が難しく、なんとか対策しても小手先のテクニックではアップデートのたびに順位が下げられてしまいます。

時間もお金も手間もかかります

それでも、世の中にはSEO対策に特化した会社が存在します。

彼らは企業努力の積み重ねで「検索順位を上げる」というサービスを提供できています。

そんなスペシャリストでも確実に検索上位をとれるわけではないようです。また、結果が出るまでに期間がかかったり、投資する費用もそれなりの額が必要です

こういった現状ですので、簡単に「SEO対策やります」という業者さんや営業トークには気をつけてくださいね。

ペナルティを避ける

では、「結局SEO対策と言っても何ができるんだ」ということですが、ペナルティを避けることは可能です。

googleはアルゴリズムは非公開ですが、「こんなサイトは上位表示させない」というペナルティ項目は明らかにしています。

意図せずこのガイドラインに抵触してしまうとサイトの検索順位が低下してしまうので、ホームページの制作段階からこの項目をきちんと考慮する必要があります。

これは「SEO内部対策」と呼ばれる施策の一つで、他にもSEOの観点からホームページに必ず導入すべき設定があります。

詳細は割愛しますが、これらはすべて「ユーザーに正しい情報がストレスなく伝わるように」することがポイントとなっています。

まとめ

私たちフルブラウンが制作するホームページはすべてSEO内部対策を行っています。

ただし、それはあくまで「マイナス評価を避ける」ためです。

googleからホームページを評価してもらい検索順位をあげるには、ユーザーにとって価値がある情報をどれだけ発信できるかが重要になります。

フルブラウンではそういった発信方法なども含めたアフターフォローを提供していますので、お気軽にご相談ください。