用語解説

【解説】ホームページに必要なドメインとは【住所です】

ホームページを公開するためには「ドメイン」の準備が必要になります。

ドメインとは「ホームページの住所」のようなもので、ホームページのデータが保管されている場所を特定するために使います。

今回はホームページの作成を考えているみなさんに、「ドメインとは具体的に何か」、そして「どのようなドメインを準備すればいいのか」を解説します。
(あくまで分かりやすさ重視ですので、技術的には正確ではないところもあります。)

ドメインとはホームページの住所です

ドメインとは例えて言うなら「ホームページの住所」のような存在です。

ほとんどのホームページのデータはサーバーに保管されています。

どのサーバーのどの部分にアクセスすれば目的のホームページが見れるのかを判別するために使われます。

ホームページがある場所を示すIPアドレス

実際のホームページのある場所は「IPアドレス」という数字の羅列で表されます。

例えば192.168.132.435のような数字です。

この識別ナンバーがあることで世界中の無数のホームページの中から目的のサイトにたどり着くことができるんですね。

読みやすいように置き換えられた住所がドメイン

このIPアドレスはコンピュータが識別しやすいように作られているので、私たちには意味が分かりませんね。

私たちの家が「緯度と経度」で表されているようなもので、理解不能です。

そこで、この意味不明な数字の羅列を普段使っている文字に置き換えたものがドメインです。

URLやメールアドレスで使われる

ドメインはホームページのURLやメールアドレスに使われます。

いま見ていただいてる当ホームページのURLは「https://full-blown.com」ですが、この「full-blown.com」の部分がドメインです。

「フルブラウンのホームページなんだ」ということが直感的に分かりますね。

ドメインの選び方

ホームページを公開するためには、このドメインの準備が必須です。

すでに存在するドメインでなければ、自由に決められます。

契約・管理は基本的に有料です

ドメインの取得は基本的に有料になります。

ドメインを販売してるサイトが多数ありますので、そちらで購入できます。

ドメインは重複できません。

販売サイトで自分の登録したいドメインがすでに埋まっているかどうかチェックができます。

まだ誰にも使われていなかったらそのまま購入できます。

無料で入手できるドメインもありますが、文字列をすべて自由に決められないという大きなデメリットがあります。

企業のホームページのURLに関係のない文字列が入っていると信頼をなくす可能性があります。

ぜひ有料での取得をオススメします。

ドメインは好みで選んでOKです

ドメインの最後には「.com」や「.co.jp」」のように決まった文字列が並びます。

こちらもドメインの販売サイトが提供できるものの中から自由に選ぶことができます。

.jp .co.jp .com .site .xyzなどたくさんあります

いくつか種類がありますが、どれを選んでも大丈夫です。

お好みで選択してくださいね。

それでは、今回は以上です。