用語解説

【解説】404エラーが出る原因と対処法

インターネットをしていると突然「404エラー」が出てきたことありませんか?

「お探しのページが見つかりません」というようなメッセージが表示され、目的のページが見れませんよね。

今回はこのエラーが出る原因と対処法について解説します。

404は指定のページが見つからないエラーです

ホームページのデータはサーバーに保管されています。

ページを閲覧したいときはURLを指定することで、サーバーに「このページ見せて」というリクエストを出しています。

このとき、指定されたページが存在しない場合にサーバーが「見つかりませんでした」と教えてくれるのが404エラーです。

404エラーの原因と対処法

サーバーがデータを見つけられない原因は「そもそも存在しない」か「指定先が間違っている」ことが多いです。

URLを確認する

ご自身でURLを指定した場合は、入力に誤りがないか確認してみましょう。

1文字違っただけでアクセスできませんし、大文字と小文字の違いが原因になることもあります。

他社が指定したリンクが間違っている場合は残念ながらこちら側でできることはありません。

ページが削除されている

過去に存在したページも、データが削除されていた場合404エラーになります。

正しいURLを入力して404エラーになる場合は削除されている可能性が高いです。

他にもあるエラーメッセージ

ちなみになんで404という数字がついているかというと、エラーの内容を3桁の数字で表すというルールがあるからです。

HTTPステータスコードというもので、1xxから5xxまでの5種類に分類されます。

  • 情報レスポンス (100–199)
  • 成功レスポンス (200–299)
  • リダイレクト (300–399)
  • クライアントエラー (400–499)
  • サーバエラー (500–599)

数字によってエラー内容が分かるので対処することも可能になります。

まとめ

突然エラーが出て、しかも意味不明な数字が書いてあるとビックリしちゃいますよね。

でも実は「こういう理由でエラーになったよ」と教えてくれる親切なものなんです。

今後もしエラーが表示されても、焦らずエラーの数字から対処方法を検索してみてくださいね。

それでは、今回は以上です。